【爆煙?!】人気のYTA eGO-Tの使用感をレビュー!1,600円で高性能な電子タバコ

毎日、エミリミニプラスでリラックスタイムを満喫している私ですが、先日Amazonを見ていたところ、気になる電子タバコが…。

煙量が多いだけではなく、アトマイザーの容量も多く、さらに充電も長持ち…!?

エミリミニプラスのちょっと不満だった部分が解消されるかもしれない、そんな電子タバコを目にしました。

つぶころ
以前からあるようなので、ご存知の方も多いかもしれません。

それは、ベイプ初心者の方から中級者の方に人気があるという「YTA eGO-T」です!

早速購入してみましたので、使用感や煙量などについて、レビューしていきたいと思います。

 

YTA eGO-Tが届きました!

YTA eGO-Tのセット内容は?

今回注文した電子タバコYTA eGO-Tのセット内容は、以下のようになっています。

本体が2本、交換用アトマイザーが各色1本ずつついているため、合計でアトマイザーが4本もあり、リキッドの入れ替えやダメになった時の交換などにも助かります。

    • eGO-Tの本体(ブラック&シルバー)×2
    • アトマイザー(マウスピース/吸い口キャップ付き)×4
    • USB充電ケーブル
    • リキッド注入用ボトル
    • 取り扱い説明書(簡易)
    • 専用ケース

 

注意
今回のセットの場合リキッドは付属していませんので、自分で別のリキッドを一緒に買う必要があります。

リキッドは様々なメーカーのものがあり、1本でも販売されていますし、数本セットで販売されているものもあります。

フルーツからデザートまで!女性におすすめの甘いリキッド10選

つぶころ
私は、エミリミニプラスの付属リキッドのメーカー「VAPOREVER」のものが好きなので、そちらのリキッドを一緒に購入しました。

説明書はとても簡素な感じになっていますので、ベイプをはじめて買うという方には少し分かりにくいかなと感じました。

 

リキッド注入用ボトルが便利!

リキッド注入用のボトルが1本付属しているのですが、これがまた便利です。

後程使い方の部分でご紹介していきますが、このボトルの先が注射針のように細く長くなっていますので、eGOのようにリキッドを注入部分まで距離がある場合でも、リキッドを注入しやすくなります

 

専用ケースが便利!

本体・交換用アトマイザー・ボトル・USBケーブルなど全て入る専用ケースが付属しています。
本体が大きめのため、少しサイズが大きくなってしまいますが、持ち運びには便利です。

 

YTA eGO-Tをレビュー!使い方は?

YTA eGO-Tを開封し、早速使ってみます。

はじめにある程度充電されていますので、リキッドを入れて少し放置すれば、すぐに吸えるようになっています。

 

【手順1】吸い口を外して、リキッドを入れる

まずはじめに、吸い口を外して、お好みのリキッドを入れていきます。
吸い口はネジ式になっていますので、くるくると回して簡単に外せました。

リキッドが通気口に入ってしまわないように、真ん中の穴には入らないように注意しましょう!

eGO-Tのリキッド注入口が割と狭く、通気口も下のほうについているため、少し長めの注入口になっているリキッドでなくては入れにくいと感じました。

そのため、リキッドを入れる際には、付属していたリキッド注入用ボトルを使用するとやりやすいです。

 

今回実際に入れたリキッドは2種類!(手作り節約リキッド)

今回は、以下のリキッドと混合液を混ぜて節約リキッドを作成し、使用しました。

使用したリキッド

・VG/PG混合液
・beyond vape Japanのマスカットリキッド
・DURASMOKEのメンソールリキッド

節約リキッドの作り方はこちらでご紹介しています(準備中)

アトマイザーには、0.2~1.6mlまでメモリがついていますので、今回のようにリキッドを混ぜて使用したいという場合にも便利です。

付属の注入用ボトルを使用せずとも、ギリギリ注入箇所にとどきました!

 

【手順2】吸い口をつけてアトマイザーを数分放置

吸い口を取り付けてアトマイザーを本体にセットし、そのまま5分~10分放置します。

電子タバコ共通ですが、この放置の時間がないと、空焚き状態になりコイルが焦げたり、変な味がしてしまいますので注意しましょう!

eGO-Tを横にして、そのまま放置しておくだけで大丈夫です。

本体に取り付けずに、この放置時間で少しでも充電しておくのもいいかもしれません。

 

【手順3】電源を入れてボタンを押しながら吸引

eGO-Tの本体にあるボタンを、3秒以内に連続して5回押すと、電源が入ります。
電源が入り3回点滅したら、吸引できるという合図です。

ボタンを押して吸引します。

つぶころ
とても簡単で、手軽ですよね!

 

【手順4】充電する

充電の方法はとてもシンプルです。
本体からアトマイザーを外し、付属のUSBケーブルに本体を接続します。

ちょっと変わった電子タバコの充電方法8選!緊急時にも?!

USBケーブルをアダプターに接続すると、充電が開始されます。

充電中は、ケーブルのライトが赤く光り、本体のボタンが青く光ります。
充電が完了すれば、ケーブルのライトが緑色に変わり、本体のボタンは消灯します。

 

使って分かったYTA eGO-Tの7つのメリット

YTA eGO-Tを使ってみて分かった、メリットをご紹介していきます。
実際に使ってみなくては分からない部分も多いので、参考になれば幸いです。

7つのメリット
  1. 持ちやすい
  2. 吸い口の形が吸いやすい
  3. 吸い口が水洗いできて清潔
  4. アトマイザーの容量が多いためリキッドがたくさん入る
  5. 充電が長持ちする
  6. 煙の量が多い
  7. 価格が安い

 

1.持ちやすい

本体のサイズが15.5cmあるのでサイズが大きいのですが、持ちやすいと感じました。
直径も約1.5cmありますので、落としそうになることもありません。

愛用しているエミリミニプラスが10cmしかないコンパクトな電子タバコであるだけに、持ちやすく感じたのかもしれません。

 

2.吸い口の形が吸いやすい

吸い口の形が、スムースビップの吸い口のようなひょうたん型のようになっているため、吸いやすいと感じました。

エミリミニプラスをはじめ、筒状の吸い口の電子タバコも多くありますが、ひょうたん型のほうがしっかり吸い込める感じがします。

 

3.吸い口が水洗いできて清潔

YTA eGO-Tは、吸い口がネジ式で外せるようになっていますので、水で洗うことができて清潔です。

カートリッジタイプは1本なくなれば次のカートリッジに取り換えるため手間がありませんが、リキッドタイプはアトマイザーを交換するまで、汚れたままになってしまいます。

吸い口を取り外して清潔に保つことができるという点は、大きなメリットですよね。

 

4.リキッドがたくさん入る

サイズが大きい分、アトマイザーの容量も1.6mlと多いため、リキッドをたくさん入れることができます。

普段、頻繁に電子タバコを吸ってしまうという方の場合、リキッドの減りもとても速くなりますよね。
外出先でリキッドがなくなってしまうこともあるかもしれません。

ですが、eGO-Tならリキッドをたくさん入れることができる分、リキッドを入れる手間が少し減ります

 

5.充電が長持ちする

バッテリーが1100mAHという大容量のため、充電が長持ちします。

フル充電にしてから4日経ちますが、いまだ充電はなくなっていません。
※エミリはバッテリーが少なめなので、1日~1日半に一度は充電しています

充電は差し込むだけとは言え、あまり頻繁に切れてしまうと面倒に感じることもありますし、充電の残りが分からない分、長持ちしてくれるほうが有難いですよね。

 

6.煙の量が多い

YTA eGO-Tは爆煙だという話を耳にしていたため、吸う時もワクワクでした。

つぶころ
実際に煙の量は多く、少し吸って吐いただけで、以下のGIF動画の煙量が出ます!

画像タップで再生・停止

煙量が多めの簡易ベイプが欲しい!という方には、十分におすすめできる煙量かなと思います。

少なくとも、私が以前吸っていたマルボロメンソールや、今現在愛用しているエミリミニプラスと比較しても煙量は多いです。

煙の量を重視しているという喫煙者の方は、節煙・禁煙もサポートしてくれるかもしれません。

さらに煙量が多く空気圧調整とボルテージ調整で紙タバコに近くなるベイプはこちら!

 

7.価格が安い

価格が安いという点も、eGO-Tの大きなメリットです。

AmazonではeGO-Tのスターターセットがいくつか販売されていますが、今回購入したセットは1,698円でした。

初めのほうでお話しましたように、セット内容は充実していますので、リキッドが付属していないことを差し引いてもとても安いと思います。

今回私が購入したセットはこちら↓です。

今回はブラック・シルバーの2本セットを購入しましたが、ピンク・ホワイトの2本セットもありました。

可愛さを重視する方であれば、ピンク×ホワイトのセットもいいですよね!

 

使って分かったYTA eGO-Tの3つのデメリット

反対に、デメリットだと感じた3つの点を挙げていきます。

3つのデメリット
  1. リキッドが入れにくい
  2. サイズが大きい
  3. 吸引時にボタンを押す必要がある

 

1.リキッドが入れにくい

正直なところ、リキッドは入れにくいです。

注入口から注入可能な場所までの距離がありますので、先が細めのリキッドもしくは、今回付属していた注入用ボトルを使用することをおすすめします

リキッド漏れは今のところなく、快適に使用できています。

 

2.サイズが大きい

サイズは大きめの15.5cmです。

男性の場合、本体をそのままポケットなどに入れる点では問題はなさそうですが、女性の場合にはポーチに入れたりすることは難しいかと思います。

専用の付属ケースに入れて持ち運ぶ場合でも、やや場所をとりますので、小さめのバッグを使用されている場合には不便に感じるかもしれません。

紙タバコとほぼ同じサイズの電子タバコ!エミリミニプラスレビュー

 

3.吸引時にボタンを押す必要がある

簡易ベイプの多くが、吸引時にボタンを押す必要がありません。
電子タバコを持って吸い込めば、勝手に通電されて吸い込めるようになる仕組みです。

ですが、eGO-Tは吸引時にボタンを押す必要がありますので、もしかするとその点がちょっと不便だと感じる方もおられるかと思います。

ただ、電源を入れるのに連続して5回ボタンを押す必要があるという点は、小さなお子様がおられるご家庭ではとても安心できる要素なのではないかと思います。

つぶころ
電子タバコには害はないとは言え、余計なものは吸い込んでほしくないですよね。

 

【番外編】安いけどリキッドが付属していない→あった

今回購入したeGO-Tのスターターセットは安かったのですが、リキッドが付属していませんでした。
この点をデメリットとして挙げるつもりでしたが、よく見るとリキッドが付属しているセットも販売されていました…

ただ、こちらのセットの場合には、本体のカラーはブラック1色のようです。
交換用アトマイザーもないため、リキッドをすでにお持ちの方には合わないかもしれません。

 

YTA eGO-Tの基本情報

YTA eGO-Tの基本情報はこちらです。
Amazonの価格は変動しますので、参考程度にご覧ください。(2018年12月現在の価格です)

タイプ電子タバコ<リキッド式>
価格1,698円(Amazon)
キット内容本体×2、交換用アトマイザー(マウスピース/吸い口キャップ付き)×4、リキッド注入用ボトル×1、USB充電ケーブル ×1、取扱説明書、持ち運び用ケース
サイズ155mm×15mm
重量電子タバコ48g、バッテリー35g
バッテリー容量1100mAh
充電時間約3時間
バッテリー約1300回(満充電時)
バッテリー寿命約300回充電

やはりバッテリー容量の多さが目立ちますよね。
充電が長持ちするスムースビップでも380mAhですので、どれほど多いかが分かります。

 

まとめ

ここまでYTA eGO-Tをレビューしてきましたが、いかがでしたか?

実際に使ってみたところ、煙量が多くて充電も長持ちし、リキッド漏れもなくて快適な電子タバコ!という話は本当でした

つぶころ
エミリミニプラスはコンパクトなので好きだけど、eGO-Tの煙量や充電の持ちを考えると、サイズの大きさもそこまで気にならないかも…?

サイズにはそこまでこだわらず、煙量が多くて使いやすい、手軽なベイプが欲しいという方に適している電子タバコです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

【喫煙歴3年】Marlbolo メンソール → [現在]禁煙
【お気に入りの電子タバコ】エミリミニプラス
以前は喫煙者でしたが、現在は電子タバコをリラックス目的で購入して楽しんでいます。
見た目よし、性能よしの電子タバコと美味しいリキッドを追い求めています!