電子タバコがなんか物足りない!ニコチン入りのリキッドって無いの?

タバコ葉を加熱するのではなく、リキッドを加熱して蒸気を吸い込む電子タバコには、リキッド式・カートリッジ式・使い捨て式の3種類があります。

電子タバコは節煙や禁煙のために選ばれることも多いですが、実際に吸ってみると「なんか物足りない…」と思うことはありませんか?

電子タバコはニコチンを含んでいませんので、紙タバコのような独特の”重み”や”吸った感”がないのです。

では、ニコチン入りのリキッドは存在するのでしょうか?

ニコチン入りのリキッドについて、そもそも販売されているのか、あるとすればどこで買えるのか、という点についてまとめました。

そもそも加熱式タバコと電子タバコの違いってなに?という方は、こちら!

 

1.電子タバコは物足りないって本当?!

先ほども少し触れましたが、電子タバコは加熱式タバコとは異なりタバコ葉を使用していないため、ニコチン・タールを含んでいないという特徴があります。

ニコチン・タールを含んでいないということは、電子タバコを吸っても紙タバコのような「吸った感」がほとんどないということになりますよね。

実際に電子タバコを吸ってみるとわかるのですが、物足りない!と感じている方はたくさんおられます。

 

電子タバコは味が物足りない…

電子タバコは味が物足りないという声がありました。

たくさんのフレーバーから好きなものを選ぶことができますが、タバコフレーバーよりもフルーツ系やミント系が充実しています。

 

電子タバコが物足りなくて紙タバコの本数が増えた

電子タバコに変えてからは物足りなくて、紙タバコの本数が増えてしまったという声もありました。

香りを楽しむのではなく、禁煙目的で購入している方の場合は特に、紙タバコの本数が増えてしまっては困りますよね。

 

喉にくるイガイガがないから物足りない…

紙タバコ独特のイガイガする感じや喉にくる感じが好きだった、という方もおられました。

電子タバコのほうが身体に良いことは分かっていても、やはり物足りなさがあるようです。

Smooth Vipはどうなの?やっぱり物足りないの?

EMILI MINI+はどうなの?紙タバコっぽくない?

C-tecTouchはどうなの?物足りない?飽きちゃう?

 

2.ニコチン入りのリキッドが欲しい!あるの?

節煙したり、香りを楽しむために電子タバコを購入している方もそうかもしれませんが、特に禁煙のために電子タバコを購入している方の場合には、ニコチン入りリキッドが欲しくなりますよね。

ニコチン入りのリキッドは販売されているのでしょうか?

 

ニコチン入りリキッドは日本では販売できない

電子タバコにはたくさんの種類がありますが、どのスターターキットを見ても、「ニコチン入りリキッド」というのは付属していないと思いませんか?

電子タバコのネットショップでも店舗でも、ニコチン入りリキッドは見かけませんよね。

日本では販売できない
実は日本では、ニコチン入りのリキッドを販売することが薬事法で禁止されているのです。

そのため、ニコチンが入ったリキッドが付属している電子タバコは、日本では販売されていないのですね。

 

ニコチン入りリキッド自体はあります

では、ニコチン入りのリキッドは無いのかというと、そうではありません。
日本では販売できないとご説明しましたが、海外ではニコチン入りのリキッドが販売されています。

ショップによっても異なりますが、大体30mlで3,000円~4,000円程度です。

 

3.ニコチン入りリキッドはどうやって買えばいいの?

海外でニコチン入りリキッドが販売されているとは言っても、どうやって買えばいいの?と気になりますよね。
海外で取り扱いがあるニコチン入りリキッドが欲しい場合には、個人輸入で購入することになります。

 

個人輸入代行のショップを利用する

ニコチン入りのリキッドは、個人輸入代行のショップを利用することで、簡単に購入できます。
ただし、海外から直送されるため、こちらの都合による返品・交換・キャンセルなどは原則受け付けてもらえません。

個人輸入代行のショップはいくつかありますので、中でも有名なところをご紹介しておきます。

https://vape.shop/

https://www.healthy-s.net/joyetech/

※外部サイトに飛びます

 

譲渡・転売目的による輸入は違法なので注意!

ニコチン入りのリキッドは輸入であれば入手できますが、これを譲渡・転売目的で輸入することは違法となっています。

もしそのような目的で購入したいという方は、余計なトラブルを避けるためにも、やめておきましょう。

 

ニコチン入りリキッドは120ml以内で!

また、ニコチンを含むリキッドの輸入は個人で使用する範囲に限られているため、あまりに多いと輸入税関でストップしてしまう可能性があります。

そのため、120mlを超えない範囲で注文しましょう!

 

ニコチンベースのリキッド+手持ちのフレーバーでリキッドを自作!

ニコチンベースのリキッドを個人輸入代行で注文し、気に入っているフレーバーと混ぜることで、ニコチン入りリキッドを自作するという方法もあります。

ただ、これにはさまざまな知識が必要となり、適当にニコチンベースリキッドを混ぜればいいというものではありません。

そのため、どうしてもニコチン入りリキッドが欲しい場合には、ニコチンベースのリキッドではなく、ニコチン入りのリキッドを購入することをおすすめします。

→リキッドのVG・PG比率で味や煙の量が変わるってご存知ですか?

こちらでVG・PG比率別のおすすめリキッドもご紹介しています!

 

まとめ

電子タバコのいいところは、ニコチン・タールを含まないという点なのですが、それがゆえに紙タバコと比較すると物足りなさを感じてしまいます。

ニコチン入りリキッドが欲しくなりますが、ニコチン入りリキッドの販売は薬事法で禁止されていることから、日本での販売はおこなわれていないことをご説明しました。

もし、ニコチン入りのリキッドが欲しいという場合には、個人輸入代行のネットショップで購入することが可能です。

つぶころ
ニコチン入りリキッドもいいですが、電子タバコはニコチン・タールを含まないという点がメリットでもありますので、その点を活かすような吸い方ができればいいですよね。

当サイトおすすめのベイプランキング!節煙・禁煙ランキングも!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

【喫煙歴3年】Marlbolo メンソール → [現在]禁煙
【お気に入りの電子タバコ】エミリミニプラス
以前は喫煙者でしたが、現在は電子タバコをリラックス目的で購入して楽しんでいます。
見た目よし、性能よしの電子タバコと美味しいリキッドを追い求めています!