【忙しい人の為の】カートリッジタイプ電子タバコ7社比較!買って後悔したのは…!

身体に害が無く喫煙場所を選ばない便利な電子タバコですが、これから使ってみたいと思う初心者の方にはどの商品が自分に合っているのか迷いますよね。

私が最初に購入したのは、タバコフレーバーのカートリッジが付いているFLEVOでした。

FLEVOを使うようになって節煙には繋がったのですが、禁煙までできる電子タバコがないかと探しているうちに、カートリッジタイプだけで7種類の電子タバコを購入してしまいました。

使っているからこそ説明できる、FLEVO・ロアレス・ビタフル・ARASHI・C-tec DUO・GeeMo・Meetの7社比較を、忙しい人の為にまとめました。

関連 電子タバコランキングはこちら

 

1.比較項目

  1. 価格(初期費用)
  2. コストパフォーマンス
  3. 煙量
  4. 充電の持ち
  5. 安全性
  6. カートリッジの種類
  7. 節煙・禁煙オススメ度

比較項目として上記7点に重点を置き1位~3位まで取り上げ特徴を記載しています。

電子タバコカートリッジではメジャーなC-tec、FLEVO、ARASHI、ビタフル、ロアレスを始めとし、マイナーでも良い点があるMeetやGeeMoも含めて比較しています。

 

【比較1】価格(初期費用)

本体の価格
FLEVO980円
GeeMo1,080円
ARASHI1,299円
ビタフル1,598円
ロアレス2,376円
C-Tec DUO2,484円
Meet1,299円
(2019/1/08 執筆時)

結果は…!

一番安い商品で980円、一番高い商品で2,484円まで差があります。

私みたいに、安いからFLEVOにしとこう!と買う方もいらっしゃるかと思いますが、初期費用は安くても、使わなくなったら有料なのにタダのゴミになってしまいますよね。

価格も大事ですが、続けられるかのキモであるカートリッジ(味)を見ていきましょう^^

 

【比較2】カートリッジの種類

カートリッジの種類
FLEVO5種類
タバコフレーバー有
GeeMo3種類
アロマ系
ARASHI11種類
ミント・フルーツ系
ビタフル4種類
フルーツ系
ロアレス6種類
アロマ系
C-Tec DUO6種類
メンソール系
Meet6種類
フルーツ・メンソール系

結果は…!

カートリッジの種類数では、ARASHIが11種類と大差をつけて1位です。
ロアレスはアロマ系の香りを楽しむタイプなので女性にオススメと言えます^^

メンソール系のカートリッジはどの会社もほぼ出していますが、強烈なメンソール(マルボロブラック8mgのカプセルタイプのメンソールなど)がお好みの方はARASHI。

カプセルタイプではないやんわりとしたメンソールがお好みの方はC-tec Duoのメンソールがオススメです^^

 

【比較3】コストパフォーマンス・吸引回数

カートリッジの価格
FLEVO1,480円
5本入り /  吸引240回
GeeMo980円
5本入り /  吸引255回
ARASHI2,000円
5本入り /  吸引300回
ビタフル1,598円
5本入り /  吸引500回
ロアレス1,620円
5本入り /  吸引350回
C-Tec DUO2,160円
5本入り /  吸引400回
Meet1,299円
5本入り /  吸引300回

初期費用はちょっとかさむものの、長く使う事を想定すると、1吸引あたり1円切っているものが経済的にも優しいですよね。

 1吸引1日
30回吸引
1か月
FLEVO1.23円36.9円1,107円
GeeMo0.84円25.2円756円
ARASHI0.93円27.9円837円
ビタフル0.64円19.2円576円
ロアレス1.54円46.2円1,386円
C-Tec DUO1.08円32.4円972円
Meet0.86円25.8円774円

フルーツ系フレーバーが多いビタフルが1位、アロマ系のGeeMoが2位、フルーツ系のMeetが3位といった順位になりました。

ちなみに、タバコフレーバーがある初期費用最安値のFLEVOは1.23円。
強烈なメンソールのARASHIは0.93円です。

吸い方にもよりますが、FLEVOとロアレスはコスパ面では若干高くつくという事がわかりました。

 

【比較4】煙量

主観になりますので、実際に使用した場合違った結果になる場合があります。

紙タバコを吸った事がある方には伝わりやすいと思いますが、C-tec Duoの煙量で通常の紙タバコと同等くらいです。

ARASHIの煙量は紙タバコよりも多く、煙量=節煙・禁煙とお考えの方にはピッタリと言えます。

 

煙量でお悩みならリキッドタイプのBVQがオススメ!焚火のような煙量?!

 

【比較5】充電の持ち

次に、各電子タバコのバッテリー容量を比較していきます。

充電の持ち
FLEVO140mAh
GeeMo145mAh
ARASHI145mAh
ビタフル330mAh
ロアレス140mAh
C-Tec DUO280mAh
Meet145mAh

結果はコチラ!

外で充電ができる環境ならば気にせずとも平気なのですが、充電ができない環境の方もいらっしゃると思います。

使っている方もいるかも知れませんが、かの有名なタバコカプセルが使用できるプルームテックが190mAhです。
参考に、190mAHでもギリギリ一日持つか持たないか程です。

カートリッジタイプの宿命ともいえるバッテリー容量は1位で330mAhとお世辞にもバッテリー容量が多いとは言えません。

外出先で電子タバコをよく利用する方にとっては致命的ともいえるので、吸い方によっては1本ではなく、2本目も視野に入れる必要があります。

 

【比較6】安全性

安全性
FLEVO成分分析表あり
GeeMo成分分析表なし
ARASHI成分分析表あり
ビタフル自社検査のみ
ロアレス成分分析表あり
C-Tec DUO成分分析表あり
Meet成分分析表なし

成分分析結果を掲示し「安全を目で確認できる」ARASHI、C-Tec DUO、FLEVO、ロアレスが全て1位という結果になりました。

ビタフルは検査はしていますが、第三機関ではない自社での検査結果が載っています。

Meet、Geemoは検査結果すらありません。

水蒸気とは言え、体内に入るものなので、原材料もわからないものはちょっと怖いですよね。
私吸っちゃいましたけどね…。

 

【比較7】節煙・禁煙オススメ度

節煙・禁煙をする場合、タバコを吸う動作だけでは物足りません。

ニコチンが入っていないカートリッジタイプの電子タバコをタバコの代わりにする場合、まずは煙量、次いで味(フレーバー)、そして最後にコスパを重視してみた結果このような順位になりました。

私は煙量を重視する為、煙量が最も多いARASHIに落ち着きました。

 

1位から3位に選んだ電子タバコはタバコカートリッジがあったり、煙量が多かったりと様々ですが、FLEVOで既にタバコ量は1/3ほどの節煙に成功し、ARASHIに変えてからというもの2/5までに減っています。

FLEVOからARASHIに乗り換えた理由として、煙量とコスパは大きな要因だったと言えます。

さて、ここまでご覧になって、お気に入りのカートリッジタイプは見つかりましたか?

まだ決めかねているあなたに次はメリット・デメリットを記載しましたので是非ご覧ください^^

 

2.早見表付き!7社商品の良い点悪い点

どの電子タバコにも特徴があるので、今回比較した電子タバコの良い点悪い点をご紹介していきます^^

 

ロアレス

ロアレスの良い点
  • 心身ともにリラックス効果が期待できるアロマスティック
  • カラーバリエーションがが豊富で、お洒落なデザイン
  • 持ち運びに便利なコンパクトタイプ
  • 接続口510規格
ロアレスの悪い点
  • アロマスティックはやはり女性向で、男性には抵抗がありそう
  • 味が薄いので禁煙目的には不向き

女子が持つべきアロマベイプ☆ロアレスレビュー

 

FLEVO

FLEVOの良い点
  • タバコフレーバーがある
  • 味の薄さは、1mg~3mg程度の紙タバコを吸っている人にぴったり
  • FLEVO互換のカートリッジが豊富で、色々なフレーバーが楽しめる
  • 接続口510規格
FLEVOの悪い点
  • 味が薄く、強いタバコを吸っている人には物足りない

タバコ量を12本/日から半分の6本/日にしてくれたFLEVOレビュー!

 

C-tec Duo

C-tec DUOの良い点
  • 煙の量が多く味も濃いので禁煙目的にはオススメ
  • ブラックのデザインがお洒落
  • やんわりくるメンソールがオススメ
C-tec DUOの悪い点
  • 初期費用が少し高め
  • 他の電子タバコと比べると長さがある

15万本売れているC-tec Duoレビュー!値段相応の実力…?!

 

VITAFUL(ビタフル)

ビタフルの良い点
  • おやつ感覚で楽しめる甘いフレーバーが多い
  • カートリッジ一本の吸引回数が500回とコスパが良い
  • ビタミンが配合されている
ビタフルの悪い点
  • 安全性に欠ける
  • 名前から連想しがちだがビタミンは摂取できない(公式回答)

ビタフルでビタミンが摂れるのか公式に直接聞いてみた

ビタミン配合の電子タバコ!ビタフルレビュー!

 

Meet

Meetの良い点
  • 煙量・フレーバーカートリッジ(メンソール)が吸いやすく初心者向け
  • ダークグレーのオシャレなデザイン
  • 接続口510規格
Meetの悪い点
  • 安全性に欠ける
  • 梱包が雑

タバコカプセルが使用できるMeetもありますが、カートリッジで使用した場合の評価となります。

上位には食い込まないが、Meetの実力の程は…?!

 

GeeMo

GeeMoの良い点
  • アロマ系のカートリッジ
  • 替えのカートリッジは5本で最安値
  • 接続口510規格
GeeMoの悪い点
  • 安全性に欠ける

ロアレスに勝てるか…!アロマ系電子タバコGeeMoレビュー!

 

ARASHI

ARASHIの良い点
  • フレーバーの味が濃く煙の量も多いので,よりタバコに近い吸いごたえ
  • 初期費用も高くなく、長く使った時のコスパが良い
  • カートリッジフレーバーが豊富で、色々な味が楽しめる
  • 接続口510規格
ARASHIの悪い点
  • 梱包が雑

誰にでもオススメできるカートリッジタイプARASHIレビュー!

 

3.互換性(接続口510規格に対応している)があるのは?

  • FLEVO
  • ロアレス
  • ARASHI
  • Meet
  • GeeMo

接続口510規格とはネジ山の事を指し互換性とも言われます。

互換性があれば、電流の関係上使えない電子タバコもありますが、大体は使えると思って大丈夫です。

上記5商品は、それぞれ互換性があるので、例えばFLEVO本体+ロアレスカートリッジでアロマを楽しむといった事も可能になります。

この互換性がある5商品だけでも、カートリッジの種類は31種類にもなりますので、あなたに合った味を見つけやすくなりますね^^

自分に合う味かわからない!と思うあなたには、互換性が多くあり世界基準である510規格の商品をオススメします!

 

4.正直な所買って後悔した商品は入ってる?

GeeMoとMeetは、買って後悔した部類に入ります。

なんと言っても、安全性に欠けるのが後悔の理由ですね。

接続口510規格は後で知ったので、互換性があるなら他のカートリッジを買えばいいじゃない?と思うのですが、上下でバラバラになってしまうのは乙女心が傷ついてしまいます。(笑)

 

5.7社製品を実際に使ってみて愛用しているのは?

私自身、喫煙歴は40年以上になります。

電子タバコを使用する前は一日12本ほどの紙タバコの量でしたが、今現在は、KENTロング 9mgを毎日4~5本になっています。

初めに試した電子タバコFLEVOで、この時点で節煙には成功したのですが、カートリッジタイプを多く試した事により、自分にピッタリの商品が見つかりました。

その私がお勧めするカートリッジタイプはARASHIです。

届いてすぐに吸ってみたのですが、煙の量と味の濃さに感激です。
特にスーパーハードミントのフレーバーは強く吸い込むとむせるほどでした。

よりタバコに近い吸いごたえで、外出中はこれだけで充分満足できます。

カラフルな携帯用スティックケースが付いていますので、汚れも気にならずバッグの中に入れています。

最近、「吸う美容液」が謳い文句の、美容成分配合プラスビューティーも仲間に加わりました!

関連 プラスビューティーをレビュー

 

まとめ

  • 紙タバコより安い
  • お手入れも簡単
  • しかしカートリッジタイプは長く続けると、割高になる
  • リキッドタイプなら価格は1/2程度に
  • 害がない

以上を踏まえ、オススメの電子タバコをまとめました。

オシャレな電子タバコならばロアレス!
カッコいいデザインならC-tec Duo!
とりあえず電子タバコを始めてみたいならFLEVOがオススメです!
価格+節煙目的ならARASHIがオススメです^^

最後までお読み頂きありがとうございました!

関連 初心者さんはこちら!おすすめ電子タバコ40選

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

【喫煙歴40年】KENTショート →[現在]KENT ロング 9mg
【お気に入りの電子タバコ】C-tec Duo

紙タバコが100円以下で買える時代からの紙タバコプロです。
リキッドタイプを使いたいけどちょっと億劫に感じる年頃です。(笑)
ですので節煙目的で安価に試せるカートリッジタイプを探してご紹介しています。