【なにこれ】電子タバコってヤニあるの?部屋汚れない?紙タバコとも比較

そび
どうもこんにちは!賃貸物件でもお構いなしにタバコを吸っていたそびです!

「ヤニ汚れが酷いのでクリーニング代を頂きます」

紙タバコを吸っている方は、賃貸でありがちな請求に怯えた事があるかと思います。

初めの挨拶で元気が良かった私もそうでした。
タバコを吸っていた賃貸の退去費用(修繕費)を敷金の2か月分取られた過去があります…。

賃貸じゃなくとも紙タバコを吸ってしまうと、ニオイや汚れは相当落としにくいんですよね。


そんな愛煙家に入る私も、喫煙所の入った時のニオイは嫌です。はっきり言ってめちゃくちゃ臭いです。

そんな事を思ってはいるのですが、中々紙タバコを未だやめられない私は電子タバコを吸い節煙しています。

私の節煙に一役買ってくれている電子タバコはと言うと、ニオイはフレーバーのものなので、例えばコーヒーフレーバーなら珈琲の香りが部屋に広がります。

部屋のどこで吸おうが、紙タバコのような嫌なニオイを気にする必要がありません。

では、「汚れ」はどうなんだと実際に実験してみました!

 

部屋も汚れずコスパも最高!リキッドタイプベイプ

タバコカプセル装着可能なベイプ!BVQ-16のレビューはこちら

 

紙タバコの煙を当てた紙

電子タバコ(ベイプ)の実験の前に、この汚れた紙をご覧ください!

こちらは、紙タバコの煙を近くで当ていた紙です。

何本分の紙タバコで汚れた紙だと思いますか?

正解は5本です。

画像のように、近くで当てた煙ですが、たった5本で既にヤニがつき、わら半紙にも近い色になってしまいました。

5本でこの有様ですから、一日1箱のタバコを吸ったとして、1日20本(実験の4倍)、1か月で600本(実験の120倍)も吸えば、広さは様々ですが部屋の中で吸えば壁紙はこれ以上に汚れて…考えたくないですね…。

では、本題の電子タバコで実験してみます。

 

実験.1 部屋に紙を貼ってベイプの蒸気を吹きかける

リキッド消費量は、0.8ml×3回の合計2.4mlです。

※ スムースビップのアトマイザーMAXライン3回分

リキッドは、見た目からして一番汚れそうな感じのするVAPOREVERのコーヒーリキッドです。

実験途中で壁からはがれぬよう、マスキングテープを壁に貼り、両面テープを張り付け、壁に実験用の白い紙を貼り付けます。

賃貸の壁紙にポスターなどを張る際に便利な方法です。流行を取り入れていくスタイルです。

紙を貼った場所は、普段使用しているPCの目の前なので、毎回ベイプを吸うたびに紙に蒸気がかかっています。

謎のVAPEと書かれた紙に蒸気を吹きかけて2週間!

画像と共に経過をご覧ください!
タップで画像拡大できます

1日目
2日目
3日目
5日目
7日目
10日目

7日間を過ぎたころ、何のために紙を貼ったのかも忘れてきました。

そして最終日の14日目

見た目の変化が無さ過ぎて、執筆者潰しにかかってます!書く事ない!(笑)

 

14日間経過後、新品の紙と比べてみた

特に黄ばみもなく、見た目の変化はわかりません。

毎日のように目の前に貼ってあったので目が慣れてしまった可能性も無きにしも非ずなので、新品の紙と並べて比べてみました。

…?!新品の紙と並べても特に変化は見受けられません。

そび
難癖をつけるなら、紙が丸まってきているくらい

 

実験.2 袋に紙を入れて汚れを見る

次に凄く小さな部屋をイメージして、小さいビニール袋に紙を入れ実験してみました。

実験.1と同じく、スムースビップにコーヒーリキッドが入っています。

実験.2の内容

試した量は0.8ml(MAXライン)1回分
紙タバコは5本分

袋に蒸気を入れ汚れを見る。

右が電子タバコの蒸気のみ、左が紙タバコ(マルボロミディアム)です。

たった5本でこんなに汚れています…。

なんと言っても、めちゃくちゃくさい…。

そび
私の父親の足を超越してますね。

 

元の紙・電子タバコ・紙タバコを並べてみた

左・紙タバコ
真ん中・電子タバコ
右・元の新品の紙

改めて見ると、やはりヤニ汚れが際立っていますね。

一枚だけ別の紙の様です。

反対に電子タバコの蒸気を吹きかけた紙を、元の紙と入れ替えても気付かれない程白いです。

 

そもそもヤニが出る原因はなに?

今回の実験で、紙タバコはヤニが酷くたった5本分の煙で紙が黄ばんでしまうことが明らかになりました。
この「黄ばみ」を引き起こすヤニは、一体なぜ出るのでしょうか?

その原因についても、ここでご説明していきたいと思います。

 

紙タバコに含まれているタールが問題!


紙タバコには、ニコチン・タール・一酸化炭素・ヒ素・カドミウム・アセトンなど、約4,000種類もの化学物質が含まれています。

ヤニがついてしまうのは、これらの物質の中の1つである「タール」のせいです。

タール(ヤニ)は、歯の黄ばみなどで知られるステインよりも粘度が高く、喉や内臓などにとどまり有害物質を出し続けるという特徴があります。

タバコを吸った部屋のニオイと黄ばみも、今回の実験で紙についた黄ばみも、タールによるものだったのです。

 

電子タバコはヤニがつきません!

電子タバコは、ニコチンはもちろんタールも含んでいないことから、部屋で吸っても紙に蒸気を吹きかけても、黄ばんだり嫌なニオイがつくことはありません。

部屋の中が汚れるのが嫌だから、外でタバコを吸っているという方も、電子タバコ(ベイプ)なら何も気にせず屋内で吸うことができます。

電化製品にベイプの蒸気がかかっても平気なの?

 

まとめ

このように、もしも電子タバコで汚れがつくならば、小さい部屋をイメージしての実験.2で、何かしらの汚れがついているはずです。

よって、タールが含まれていない電子タバコで部屋は汚れないという結論に達しました!

私の環境ではの話なので、参考程度に!

今回実験に使った電子タバコ、スムースビップのレビュー口コミも集めてページになっていますので、是非ご覧ください!

最後までお読みいただきありがとうございました^^

タールがないから部屋が汚れない!臭くない!おすすめの電子タバコランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

【喫煙歴10年】Marlbolo メンソール → セブンスター → [現在]Marlbolo midium
【お気に入りの電子タバコ】スムースビップBVQ-16

電子タバコの力を借りて禁煙したいのに…気付けばマルボロを吸っている怪奇現象に困っています。